— Still thinking. . .

研究計画、プロポーザル他をアップロードしていきます。
○は成功、×は失敗。リンク先から右クリックで印刷出来ます。

 

2010 松下幸之助財団研究助成 ○

2010 ハンチントン図書館フェローシップ再挑戦(一ヶ月) ○

2008 ハンチントン図書館フェローシップ(一ヶ月) ×

2009 英国経済史学会ポスドク博論要旨 ○

2009 英国経済史学会ポスドク研究計画 ○

2008 科学機器学会トラベルグラント ×

2007 英国経済史学会トラベルグラント ○

 

備考

松下: 上限50万円、4−5月受付、ウェブサイト。

ハンチントン:1-12ヶ月。11月頃締切で翌年6月以降に訪問。詳細

英国経済史学会:一年。2−4月締切で同年秋開始。ポスドク用と博論書上げ用がある。IHRが管理運営。詳細

科学機器学会:上限500ポンド。年二回応募。3月1日、9月1日。サイト。

経済史学会トラベル:上限500ポンド、イギリス博士課程学生向け、年四回締切。サイト。

 

http://www.history.ac.uk/publications/bookshop
とりあえずイギリスベースで歴史学関連をやる方にはこれがお薦め出来ます。北米もカバーしているし、便利です。

それと、Society for Renaissance Studies (SRS)のサイトもリンク集が充実しています。
http://www.rensoc.org.uk/other_funding

まだまだ他にもあると思いますので、気づいた方はご一報下さい。