— Still thinking. . .

【ご報告】仕事みつかりました

British Academyという学術団体から3年間のリサーチポストを頂ける旨の連絡がありました。憧れでも目標でもあったこのオファーを頂けるなんて信じられないです。テーマは世界最初の金融バブル、1720年の南海泡沫事件。もう三年くらいは研究計画を書いては送ってということが続いていたので、これで本格的に始められるなあ、という気がします。博論をもとにした単著の方も、しっかりリバイズする時間が手に入りそうで、ほっとしているというか、すごく嬉しいです!これは自分一人では絶対に出来なかったこと。これまで出会い、議論を交わし、色々な仕方で時間を共にした多くの方々に感謝いたします。これから恩返しと恩おくりをしてゆきたいですし、気を緩めずに、しかし焦らず、研究に励みたいと思います。また専門性だけにとらわれることなく、色々な問題について考え発信し行動していきたいなあなんて思います。

まだまだ荒削りですが、今後ともご指導ご鞭撻どうぞよろしくお願いします!

 

研究概要 / Abstract  (Ja/En)

南海泡沫事件(1720)の文化史的再解釈 (2010年松下財団vers.)

【研究の目的】世界初の金融バブルは、1720年に起きた南海泡沫事件(The South Sea Bubble)であった。日本・欧米での先行研究は、一方では自己利益の追求に走る金融業者とそれに結託した有力者達の欺瞞を、他方では踊らされる民衆の愚かさ描き出すことに終始しがちだった。同様の解釈は1630年代オランダで起きた金融バブルの先駆けともされるチューリップ・マニアの研究にも見られるが、こうした諸解釈に見え隠れするのは、 際限なき自己利益の追求を資本主義発展の根本問題とする歴史観である。しかしアン・ゴルガー(Anne Goldgar)は、チューリップ・マニアと呼ばれた出来事が熱狂的投機やバブルからはほど遠い、17世紀オランダ商業文化に根ざした弊害の一つとして理解されるべきであることを示した。ならば世界初の金融バブルと言われる南海泡沫事件にも、これまで十分に理解されて来なかった文化的側面があった可能性が高い。

【仮説と目的】申請者は、イギリスの産業化を支えた起業家達が私欲追求の権化「プロジェクター」(projector)というレッテルを貼られており、そのような不信を回避するために、新しい事業がどのように国家・社会に貢献するかを公的な場で詳らかにしていたことを示した。南海泡沫事件も、実はこの起業家不信と社会的責任の強調を巡る商業文化の産物なのではないか。申請者の博士論文に立脚したこの仮説を、チューリップマニア研究を大きく前進させたゴルガーの研究を参考にしつつ、徹底した史料分析によって検証するのが当研究の目的である。

【意義】先行研究では、南海泡沫事件と当時の商業文化との関係が必ずしも明らかにされてこなかった。本研究の学術的意義は、17-18世紀イギリスの「プロジェクター」不信の流布に着目することで、南海泡沫事件のより歴史的で厳密な理解に貢献することである。南海泡沫事件を金融資本主義に潜む欺瞞や金銭欲の象徴として理解する潮流は、現代の金融危機をウォールストリートの欺瞞と貪欲に帰する昨今の世論の動きと奇妙にも一致している。もし歴史が現代を映す鏡であるならば、南海泡沫事件のより豊かな理解を通して、現代の金融危機を金融資本家達の責任に矮小化して理解しがちな世論の動きにも警鐘を鳴らすことが出来るのではないだろうか。

 

Money, Responsibility and Stereotypes: Behavioural Foundations of the South Sea Bubble (vers. March 2012)

Between May and July 1720, the South Sea Company issued stocks through four subscription schemes. The trading of its stocks increased dramatically. When a modest merchant earned £50 a year, the stock price rose from just under £200 to nearly £1000, and dropped rapidly by October. Alongside the Dutch Tulipmania, this 1720 Bubble has often been treated as euphoria or a gambling mania – something almost ‘irrational’. Newspapers and some economists as well as traditional accounts of Carswell, Sperling and Dickson in the 1960s provided such views. These have been challenged by more recent studies of Neal, Shea, Paul and others. The Bubble, they argue, was based on ‘fundamentals’ and thus essentially rational. Historians are not uncritical of such a perspective. Yet, recent studies of early modern commerce, finance and political economy by Glaisyer, Murphy and Pincus stop just before the Bubble. Works by Hoppit, Harris, and Stratmann have focused on the Bubble’s impacts upon the economy, corporate law, and contemporary literature. The mechanism of the boom and bust has thus been examined almost exclusively by economists drawing upon the concept of rational choice – a key element in classical economics.

As Akerlof, Kahneman, and Rabin have argued, however, rationality cannot adequately explain the market. We need an account of market behaviour over and above rationality. How can we explore subjective and cultural biases that shaped market behavior during the Bubble? This is largely uncharted territory despite a recent economic analysis by Paul. My project solves the problem by drawing on a mass of manuscript letters and financial accounts relating to shareholders of the Company. I have identified more than 400 sources for the period 1719-21 alone, scattered across British and overseas archives, but concentrating especially in California, Dublin, Boston, Edinburgh, Nottingham, Shrewsbury and, above all, London; they have never been examined in a single study. By combining these with sources such as pamphlets, newspapers, images, and company and legal records, I will explore not only factors such as share prices, dividends, and transaction records, but also the political, religious, and social values that informed the Bubble. This research will thereby reposition the Bubble as a dramatic culmination – and failure – of the culture of projecting that I explored in my earlier work.