— Still thinking. . .

マイクロヒストリーの現在(研究ノート)

マイクロヒストリーの今を追うための実験的ポストです。現段階ではJohn Brewerの2010年の論考についての断片的ノート、といった体裁をとっています。
時間があればまた後で更新します。

John Brewerによるポジションステートメント。

John Brewer, ‘Microhistory and the Histories of Everyday Life’, Social and Cultural History, 7 (2010), 87-109.
http://www.ingentaconnect.com/content/berg/cash/2010/00000007/00000001/art00005

 

この論文の元となったと思われる原稿をブルワー氏は2004年に大阪大学のセミナーで発表しており、それが、同大学の「パブリックヒストリー」というジャーナルの2005年号に邦訳として掲載されています。

ジョン・ブルーワ、「ミクロヒストリーと日常生活の歴史」水田大紀(訳)(全文リンク)

この邦訳に対して坂本くにさんが有用なブログポストを書いていて、僕のポストは彼のものにインスパイアされたものです。
閉じこもり型の歴史学 ブルーア「ミクロヒストリーと日常生活の歴史」

とりあえず、注目すべきなのは4点。

1)Brewer (2010)には幾つか重要な引用が足されていること。

特にprospect (高台展望型)とrefuge(隠れ家・潜り込み型)という分かり辛いコンセプトについてブルワー(2010)は重要な段落を追加しています。
(以下、ブルワー(2010), pp. 98から引用。これが邦訳p. 28の第一段落「ギンズブルグの方法は…」の直前に入る。)

One of the key ways in which Certeau conveys the difference between notions of dominance and the deployment of tactics – the recovery of knowledge occluded by a single point of view – is evident in a remarkable passage in the chapter on ‘walking the city’ in his History of Everyday Life. He begins, in a brilliant description that cannot be read without a certain terrible irony, with an account of the all-powerful thrill of looking down from the top of the World Trade Center in New York:

To what erotics of knowledge does the ecstasy of reading such a cosmos belong? Having taken a voluptuous pleasure in it, I wonder what is the source of this pleasure of ‘seeing the whole’, of looking down on, totalizing the most immoderate of human texts. To be lifted to the summit of the World Trade Center is to be lifted out of the city’s grasp. One’s body is no longer clasped by the streets that turn and return it according to an anonymous law; nor is it possessed, whether as player or played, by the rumble of so many differences and by the nervousness of New York traffic. When one goes up there, one leaves behind the mass that carries off and mixes up in itself any identity of authors and spectators. An Icarus flying above these waters, he can ignore the devices of Daedalus in mobile and endless labyrinths far below. His elevation transfigures him into a voyeur. It puts him at a distance. It transforms the bewitching world by which one was ‘possessed’ into a text that lies before one’s eyes. It allows one to read it, to be a solar Eye, looking down like a god. The exaltation of a scopic and gnostic drive: the fiction of knowledge is related to this lust to be a viewpoint and nothing more.

This passage captures, better than any other I know, the pleasures (and illusions) of the prospectival point of view, its sense of power and control that stems from its disembodied abstraction, its separation and distance from the phenomenon it observes. But for Certeau, this view fails to capture – indeed it deliberately occludes – the sort of open-ended knowledge that could only be obtained through the fragmented, unpredictable experience of wandering through the city at street level. The account is, of course, about our knowledge of the everyday in the present, but it serves as a metaphor for the contrasting sorts of illumination sought by single-view prospect history and by a multi-perspectival microhistory or account of everyday life. (引用終わり)

これを踏まえると後のネオリアリズムの議論が幾らか理解し易くなる模様。

2)ブルーアのイタリアのネオ・リアリズムへのコメントが難しく、邦訳vers.ではニュアンスを掬いとるのが難しい箇所がある。

特にBrewer(2010), p. 109 邦訳p. 31

では、ネオ・リアリストたちが描いた世界とはどのようなものだったのか。彼らが描いたのは断片的で、ときに空想的で恣意的であり、争いに満ちた世界であり、不完全な知識と違う位相の意識で歪められ、循環的で反復的、主観的、しかも直線的でかつ一貫性の無い、異なった時間認識により特徴づけられた世界であった。… 彼は映画のなかで、終始、真実と真実らしさ、日常生活の様式と大きな歴史の力との緊張感を描き出そうとするのである。

And what sort of world did the neo-realists depict? They depicted a world that was fragmentary, sometimes capricious and arbitrary, full of conflict, skewed by partial knowledge and different levels of consciousness, marked by different temporalities that were circular, repetitive and subjective, discontinuous as well as linear. It was a world inhabited by every sort of person, speaking in every sort of voice. Throughout there is a tension between veracity and verisimilitude, between the patterns of everyday life and the forces of a larger history.

ここのveracity and versimilitudeというところが読んでいて重要な気がしたのですが、調べてみると、verisimilitudeというのはポパーの哲学では専門用語のようで、おそらくこれを意識して、もしくはこういった一種の特殊なタームとしてブルーワがveracityとそれとを区別している可能性が高そうなんです。

David Miller, ‘Popper’s Qualitative Theory of Verisimilitude’, The British Journal for the Philosophy of Science, Vol. 25, No. 2 (Jun., 1974), pp. 166-177.

つまり、存在する多くの科学理論や社会理論がfalse/偽であるにもかかわらず、それらの真でない(=veracityに到達しない)理論の中でもより真実らしい、もっともらしい理論や視点というのがあるのだ、ということを表現するためにverisimilitudeという概念を使っている。

この用法に従うと、上の段落でブルーワが言わんとする緊張関係とは、映画や歴史叙述が到達し得ない「真実」や「史実」と、作者がそれに肉迫せんとすることで生み出す一種の『真実味』の緊張関係ということになりそう。 ブルーワはイタリアのミクロストリアがこうした真実への肉迫というミッション・インポッシブルを目指している、ということを指摘しているように見えます。で、そうだとすると、Brewer(2010), p. 102fが、では歴史学の提供する物語はフィクションと同一なのか、という話をするのも納得がいきます。歴史の叙述においては、仮に真実へ肉迫を試みる場合であってもどのような史料を使い、どのような前提で議論をしているのか、と言ったいわゆる「メタナラティブ」を読者に提供する必要性がブルーワによって強調されています。

 

3) じゃあ、ブルーワ本人の立場はどうなの?という話で議論の結論が気になる

訳ですが、結論は水田訳のバージョンの方が少し踏み込んでいて面白いと思います。

我々が必要とするのは距離感と親密さの両方であり、多くの人は理解してくれると思うが、最良の歴史学とはこの緊張をうまく切り抜けることに成功した歴史学のことである。なぜなら結局は、研究の題材として平凡なもの、通常のもの、そして日常生活の白色騒音を取りあげる歴史叙述の有効性は、それを支える人文主義的リアリズムの前提にではなく、叙述の手法の質によって決まるからである。(邦訳p.34)

この箇所は完全にBrewer(2010)では削除されていて、替わりに難解な文章に置き換えられています。査読者からのコメントか何かに促されて論争的な明言を控えたのかも知れません。(もしこう読めるよ、というご意見があればお願いします)

 

4)さらに Brewer(2010)には二つの返答があります。

これらを読むことでブルーワの議論の曖昧な部分がさらに明らかになり、彼の議論していないより大きな文脈が理解出来るだろうと期待できます。

Pat Hudson, ‘Closeness and Distance – Response to Brewer’, Social and Cultural History, 7 (2010), 375-385.

Filippo de Vivo, ‘Prospect or Refuge? Microhistory, History on the Large Scale – a Response’, Social and Cultural History, 7 (2010), 387-397.

 

【最後にお願い】 他にも「これを読んでみたら?」という文献がありましたら下のコメント機能を使ってご紹介下さい。FBへのリンクをしなければこのポストのみへのコメントとして利用出来ます。  僕は日英仏しか読めませんが、他の方が読めるかもしれないので他の言語でも歓迎です。